2018.07.22

2018 7月21日 発表会

修正していただいた、精霊の踊り。
ホールの感じが出ているとおもいます。

2018.07.21

発表会終りました。

2018.06.22

コンサートホールkitara

2018.06.20

息子のコドバ2016

ノートのメモ書きがでてきた。
2016年 4、18
一週間程私の母が滞在。本日かえる。
帰宅して母の「おかえり」の声がない。

息子…ばあちゃん、かえったの?け、けんごく?(天国)
私……えええっ!生きてるよ、お家に帰ったよ。
あわてて手で口をふさぎ、ごめん、というふうにお辞儀をする(笑)


4月21日
父……学校どうだった。
息子…たのしかった
父……勉強してるかい?
息子…たまに

5月29日
息子…さんえんせい、おくるかい楽しみ〜
私……どこかに行くの?
息子…ひこうき
私……ああ、修学旅行ね。
息子…ごうかりょうり!

6月1日
私、旦那ダービーのテレビを見ている。
私……ほら、ほら、年末の…(有馬記念が思い出せない)
息子…年末ジャンボかたらくじ!
たからくじ…ね。

2018.06.17

相談会

なんたって、一度しか部屋を見ていないのに、話を進めている我が家。

売り主さんが、とっても綺麗に使っていて、
そのまま入居できそうな感じ。官舎、アパートなら即入居って感じ。
でも、ここが終の住処になるのなら、
自分の夢を少しは盛り込みたい。
仔熊に優しいバリアフリーにしたい。

不動産屋さんから、紹介された業者さんの他にもう1軒見積もりしてもらう事にした。
ネットでしらべたら…
丁度TOTOのショールームでマンションを専門に手がけている会社の相談会が催されていたのだ。

自分たちの希望を伝え、ショールーム内を見学。
さて…
どんな風に見積もりがでるか?

2018.06.15

あれよ、あれよ…

結婚してずっと、賃貸暮らし。

仔熊の学校の節目で引っ越しをしてきた。
孟母三遷…ってこともないけど、仔熊が通いやすい所に移り住んで来た。

今の宿舎、仔熊が作業所に通うバスも大丈夫だし
生活していくうえで、程よく便利なんだけど、
大熊の定年を考えるといつまでもここに住めるわけではない…ってことで、
もう、何年も物件を探していた。

正直、小学校時代のママ友が。
「どんなにボロでも戸建てだよ!」っていう言葉があって、
私自身も、上下、左右に気を使いながらの集合住宅はもう…っていうのもあって
夢は戸建ての平屋だった。

でもね、その夢は宝くじあたんないどダメみたいで。

中古のマンションで、私たちが買えそうで、仔熊の作業所もほどほど近くて、
程よく便利な物件が…でた!

日曜日の夜に不動産屋さんに電話をして、
月曜日に物件を見て、決めた。
何度も大熊に「いいんだな!」と念押しされたけど…
正直首を縦に振るしかなかった。
だって、戸建ては無理だって十分わかったから。

火曜日に気が早いけど、リクシルに行ってみた。
最新の水回り事情がわかって、勉強になった。

ローンの審査が通ったのが木曜日。

リフォームも少しするのでこれから忙しくなるよ〜

2018.06.11

なんだかんだで。

なんだかんだ言ってもう6月。
来月H先生の門下生の発表会に加えて頂いて、精霊の踊りを演奏する。
フルートのスタンダードナンバーを必死に練習中。
みんな知ってるから、下手な演奏できないなあ、と思いつつ、頑張るしかない。

で、

12月も恒例のkitaraでの発表会がある。
これをどうしようか…
先日先生からの提案が、
フォーレのファンタジー
ポップのリゴテットファンタジー
ジュナンの椿姫のファンタジー
ってファンタジーだらけだ。
あと、羊もいいですよね…って。(スイスの羊飼い)
どれも、これも、指が大変で正直もう……(泣)ってかんじ。
さりとて、精霊の踊りまっしぐらだったから、他の曲をあまり見てないし、
自分からどうしても、これがいいと、いう曲も浮かばない。
夢はあるのだけれど。

でも、先生から提示していただいた曲をがんばってみようかな…っていう気持ちになっている。
それは映画「羊と鋼の森」を見たから。
新人調律師が先輩調律師に教えを乞うと
「あせらず、こつこつ、こつこつ ですよ」と。
なんだか、視界が開けた気がした。
ありがとう、三浦友和。(板鳥さん役)

2018.05.31

日帰り留萌。

日帰りで留萌に行って来た。

母が、目の調子がわるくて留萌の眼科にかかったら、
近所の人でも誰でもいいから、一緒に来てくれと医者に言われたとの事。

何事!と思い、病院に行った次第。

病名は網膜静脈閉鎖症。出血してむくんでいる状態で
このむくみをとるために眼球に注射をする治療をする。

命に別状はないけれども、色々を不便な事を我慢して来たんだとおもうと胸が痛む。
7月に注射の治療をする。
治療のあと、バスに乗って自宅に戻るのは危険だろうから、
私も留萌に行く事にして、実家で一泊しようとおもう。

となると、息子をどうしようか…
これから、この様な事は都度都度起こるだろう。
ちゃんと考えておきなさいという、事か。

2018.02.04

いぐれっく コンサート

きたこぶしホールでおこなわれたコンサートに行ってきた。

ハンディキャップスキーの講習日なのだが、息子の事は旦那に丸投げ…っていうか、
別に私が無理していかなくてもいいんじゃないか?って思っていたので、これ幸い。

息子の養護学校高等部でご一緒したママのお誘い。
このアンサンブルに息子の同級生のママが出演するとのことで、すごく楽しみにしていた。
場所は駅前の六花亭札幌本店の10階にあるきたこぶしホール。
ヤマハハンドメイドフルートの魅力〜ヤマハビジュー発売20周年記念〜っていうコンサートだった。

第一部はフルートアンサンブルの楽しみというタイトルで全5曲。
フルートはデュオまでは聞いた事があるけれども、5本というのは初めて。
そして皆さん楽器がYAMAHA(当たり前だっ)でお高いものばかり。
グループの中心の八條美奈子さんはゴーールド!だった。
ファーストという事もあるけれども、やはりメルヴェイユのゴールドは一段と華やかだった。
五重奏2曲、3重奏2曲で前半はあっという間に終了〜。
皆さん実力があるかたばかりなので、ストレス無く聞く事ができて音に没頭できて本当によかった。

ここのホールも演奏者と客席が超至近距離で演奏者の緊張(いい意味で)を感じる。
アンサンブルの時は緊張を皆でパワーに変えて…だが、
後半は八條美奈子さんのミニリサイタル。
フルートはビジューに持ち替えて、モーツァルト、フォーレ…。
バロックから近代、日本民謡と幅広く演奏。
ドップラーのアンダンテとロンドをデュオで。相方の中井さん、八條先生と師弟関係とか。
同じ楽器を使用していても、八条先生、線が太くて低音がよく響いている。

繊細な中に漢らしさを感じる八條美奈子さんだった。惚れてしまいそう…

2018.02.01

きのとや さろん こんさーと

昨日、八軒にあるレンガの館ホールで開催されたきのとやサロンコンサートに行って来た。

冬場旦那がちょこちょこ代休消化で平日休みになる。
丁度休みになったので息子のお迎えを旦那にたのんで行って来た。

出演は細野雅子さん。私のフルートの先生の先生。
名は体を現す?じゃないんだけど、本当に細くて、雅。
音楽ホールとかじゃない、倉庫のようなフリースペースにテーブルと椅子。
ざっと30から40人ぐらいの座席。
開場は13時30分。きのとやのケーキとお茶を頂きながら開演を待つ。

ステージ?とテーブルとは超至近距離で、私だったら緊張で死ぬだろう。
無伴奏で休憩を挟んで全6曲。
音楽に全然関係ないのだけれども、ストレートの髪がサラサラで、どうやってお手入れしているんだろう?どこのシャンプーなんだろなんて考えてしまうわたしは、薄毛…。

その、さらさらストレートの黒髪が、奏でられる繊細な音に合わせて踊っている様に見えた。

«

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

まあちゃん



仔熊のつぶやき

無料ブログはココログ